プロフィールにも書いていますが、僕は雨男です。

先日、妻と出会ってから初めてのディズニーに行ったんですけど、その日も見事に雨でした。

次の日は晴れの予報だというのに。

なぜ僕がディズニーに行く日は雨なんだ。

けどおかげでミニジェットコースターが貸切でした。笑

僕の雨男の度合い・・・なかなかすごい

ディズニーだけではありません。

普段の生活レベルでも、外に出ようとしたら雨が降ってきた、ということが起きます。

妻との旅行の宿泊先で、星空観賞ツアーが組まれていたのですが、雨で中止になりました。

このあと思い出ワースト3でも出てきますが、何かと自分が楽しみにしているイベントには雨がついてきます。

雨男でよかったと思ったことはあるのかというと

過去、覚えている範囲で雨男でよかったと思ったのは、

  • 高校のときマラソン大会が中止になったこと

これだけです。

基本、雨男でよかったと思うことはありません。

雨男の思い出ワースト3

圧倒的に、雨男で困った思い出の方がたくさんあります。

最近のワースト3はこれ。

3位:せっかくの伊豆旅行なのに、雨で海に入れない疑惑

いとこと伊豆に行き、海に潜ろうと計画していたのですが、行く日は雨。

しかも結構ザーザー。

自分が雨男とわかっていても、テンション下がりますよね・・・

ですが、いとこが晴れ男なので、次の日無事に海に入れ、めでたし。

ちなみに、妻と2人で伊豆に行ったときは、台風接近に当たり、海に潜るどころではありませんでした。

「雨男だね~」とからかわれたのが忘れられません。

2位:せっかく場所取りした花火大会が直前になり大雨が降って中止に

これはなかなか強烈な思い出です。

僕は同い年のいとこと仲が良く、二子玉川付近で開催される花火大会に、

メガネ
夜な夜な場所取りしよーぜ!

と誘ったら快諾してくれたので、張り切って深夜0時過ぎからテントとシートを用意し飲みながら場所取りをしていました。

といっても、こんな深夜から場所取りする必要はなかったんですけどね・・・(結果論)

その場所取りという名の飲んだくれ会はとても楽しかったので、これだけでも十分でした。(これもまた結果論)

 

売るほどのワインを用意し、昼間も飲み続け、だんだん誘った友人たちも集まり・・・と、順調なスタンバイを見せていたのですが、

開始2時間ほど前でしょうか、渋谷方面に黒~い雲があるのが見えました。

まぁ僕たちはそんな黒い雲はヒトゴトだと思い、のんきに飲み続けていたのですが・・・

その後ほどなくしてまさかの、渋谷方面にいた黒~い雲が、こっちにやってきた!

そして恐ろしいほどの雨(それも大粒)とヒョウがいきなり降ってきました。

せっかくのテントも、メッシュ部分から雨が入り込んでビチャビチャ。

あまりの悪天候に、花火大会は急きょ中止に。

メガネ
開始1時間前に花火大会が中止になることってあるんだなと初めて知ったよ・・・

ちなみにこの悪天候事件を受けて、この二子玉川の花火大会は今年は10月に行われることになりました。

雨男は、1時間前でもイベントを中止にします。

1位:結婚披露宴の朝、雨が降って妻に鋭い視線でにらまれる

花火大会の思い出もなかなか強烈なのですが、それを上回るのは、結婚披露宴当日の朝のできごと。

披露宴自体が梅雨シーズンだったというのもあるのですが、やはり雨男としては当日の雨が心配です。

そして見事その悪夢がやってきました。

何日か前まで晴れの予報だったのが、みるみる怪しいマークに変わっていきます。

前日の予報では何とも微妙な感じに。

たぶん、上空で雨男と晴れ女が闘っていたんだろうなぁ

当日の朝・・・

妻が起きて窓を開け、雨が降っているのを確認したとき、

チッ

大きい舌打ちをしてギロっと僕のほうをにらんできました。

そしてひとこと、

あーぁ雨が降ってる

なぜ雨が降っていることに対して妻が怒っているのかというと、披露宴前にガーデンパーティーを予定しており、それが雨だとできないからです。

ですが、結果ガーデンパーティーの時間に合わせるかのように晴れ間が見え、何とかできたので、めでたしなのですが・・・

ただ、ひとこと言いたい。

好きで雨を降らせているわけではないんだ!!!!

今日もまた、出かけるときに雨が降った

今日はもともと雨の予報でしたが、昼間は雨が止んで晴れ間も見えていました。

夜、ワインイベントを控えているのでよかった、と思っていたのに、僕が準備で出かけるときにはまた雨が降ってきました。

思わず、家にいる妻に対し

「雨が降ってる!」

と叫んで出かけました。笑

もう1回言うけど、好きで降らせているわけではないんだ・・・・

おしまい。

おすすめの記事